ベジママは体外受精での不妊治療でも効果はあるの?

ベジママ 体外受精

一言で不妊治療と言ってもさまざまな方法がありますよね。

基本的な流れとしては、基礎体温表の記録から始まりタイミング療法、人工授精、そして体外受精へと段階を踏みます。

お金も掛かるし、年齢のことも考えるとなるべく早い段階で妊娠したいと思うのは当然ですが、そう上手くいかないのが現実だったりもします…。

そこで、少しでも可能性を上げるためにも妊活サプリの「ベジママ」を試してみてはいかがですか?

ベジママには不妊治療中に摂取してほしい成分がたくさん配合されているのです!

体外受精中でもベジママは併用可能!

妊活のオールインワンサプリとしても有名な「ベジママ」。

服用している方も多いと思いますが、体外受精中に飲んでも良いのか心配になっている方もいるのでは?

結論から言うと、体外受精に関わらず不妊治療中は積極的に摂取したほうが得です(*^^)v

実際、私も体外受精の経験がありますが、ベジママは中断することなく継続していました。

それに副作用の心配もないので、不妊治療中でも安全に飲むことができます。

実は、あまり知られていないかもしれませんが、ベジママは卵子だけでなく精子の質を上げる効果も期待されているサプリなので女性だけでなく是非、男性にも飲ませてあげてください。

一緒に同じサプリを摂取すれば、男性の妊活に対する意欲もより一層湧いてくるでしょう。

なぜ、効果があるのか?

ベジママには活性酸素から卵子や精子を守ったり、卵子・精子の質を上げる「ビタミンC」「ビタミンE」「ルイボス」といった抗酸化物質が豊富に含まれています!

卵子・精子の質が悪ければ体外受精で、受精・分裂がうまくいかない原因にもなり、妊娠率を低下させてしまうことも…!

つまり、不妊治療中は卵子・精子の質アップは大きな課題であり、ベジママにはそれを解決するのに打ってつけな成分が豊富に含まれている、ということです。

さらに排卵障害の改善にも効果があり、妊娠しやすい体へと導いてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です