ベジママ 妊娠初期

ベジママをモニター価格で安く買える方法があるのか調べてみました

ベジママ 妊娠初期

誰だって「少しでも安く買いたい(>_<)」と思うのは当然ですよね。

長く続けることで効果を実感するベジママなら、なお更のはず!!

家計を管理している側としては、モニター価格で購入できれば文句なしですよね♪

そこで今回はベジママを安く買えるコツと、現在モニター受付しているのか調べてみました<(`^´)>

おすすめは公式サイトからの定期便購入!

ベジママを購入するにあたって、1番おすすめなのはやはり公式サイトです。

確実に本物を購入できる安心、そして返金保証制度がついているのでリスク無しで試すことができます。

ベジママは通常5,500円するサプリですが、定期便購入なら50%OFFの2,750円とかなりお得です!

しかも定期便でありがちな最低利用回数の縛りがないので、好きな時に辞められます♪

アマゾンでもベジママは販売されていますが、2,750円よりも安いお店はないので最安値で購入したい方は、公式サイトから定期便で注文したほうが確実です(*^_^*)

実はモニターを募集しているサイトもあるんです♪

“モニプラ ファンブログ”というサイトでは、コスメやダイエット用品、キッチングッズ、食品、飲料などさまざまな商品に対してモニターを募集しています。

モニターとなった方は対象の商品を無料で試し、その感想を報告するだけなので

「気になるけど自分に合っているのか分からない(コスメ)」

「購入して失敗するのは嫌…(ダイエット用品)」

「美味しくなかったらショック(食品・飲料)」

と前々から気にはなっているけど買えずにいる商品がある方に打ってつけです。

6月はベジママも15日分のモニターを30名募集しています。

参加費も無料なので、こちら側がお金を支払うことなく、まさにリスク無しで試すことができます。

15日間と期間は短いものの、飲みやすいか、続けられそうかの判断は十分できるはずです。

また、モニターとして参加する以上、自分の意見が第三者の役に立つというやりがいも感じられるでしょう。

ベジママの妊娠効果について

ベジママ 添加物

ベジママとママニック、葉酸サプリ あなたにおすすめなのはこっち!

ベジママ 添加物

葉酸サプリといっても種類は豊富で、成分や配合量はそれぞれ違いますよね。

何を基準に選べばいいのか、そして自分に合っているサプリはどれなのかを見極めるのはとても難しいことだと思います。

今回は葉酸サプリの中でも特に人気がある“ベジママ”と“ママニック”を比較し、より優れているのはどっちなのか?勝手に判断してみましょう(*^^)

ママニックってどういうサプリ?

ママニックの特徴は、葉酸サプリの中でも珍しい“乳酸菌配合の葉酸を使用していること”と、葉酸の種類も吸収率の高い“モノグルタミン酸型葉酸を配合していること”です。

これにより効率よく葉酸を体内に取り入れられるので結果が見えやすく、妊婦さんが陥りやすい便秘予防・改善にも効果的です!(^^)!

さらに妊活・妊娠中に必要な成分としてアミノ酸3種類、ビタミン12種類、ミネラル14種類、鉄分10㎎、カルシウム250㎎に加え、美容成分8種類+国産野菜8種類も配合しています。

合計48種類の成分がぎゅ~と凝縮されているママニックは、葉酸サプリの中でも1位2位を争うほどの成分数です。

ベジママとママニックの大きな違いは?

2つの葉酸サプリの大きな違いは、“ピニトールが配合されているか、いないか”です。

ピニトールが配合されているのはベジママで、ママニックには配合されていません。

ピニトールはアメリカの不妊治療の現場では広く利用されている成分だけあり、妊活中の方には是非とも積極的に摂取してほしい成分です。

何のために葉酸サプリを摂取するかによりますが、少なくとも妊活中の方には重要視してほしいですね(^.^)

それぞれ、どんな人におすすめなのか?

ベジママはピニトールが主成分であることから、

・妊活中
・不妊治療中
・多嚢胞性卵巣症候群の方
・排卵障害の方

におすすめです。

そしてママニックは成分数が豊富に含まれているので、

・妊娠初期
・妊娠中の栄養バランスが心配な方
・便秘に悩んでいる方
・美容が気になる方

におすすめです。

ベジママ 体外受精

ベジママとママナチュレ、葉酸サプリ あなたにおすすめなのはこっち!

ベジママ 体外受精

少しずつ日本でも知名度が高くなり始めている“ピニトール”。

不妊の原因でもある多嚢胞性卵巣症候群を改善し、妊娠しやすい体づくりに打ってつけの成分として注目されています。

そんなピニトールが配合された妊活サプリに「ベジママ」と「ママナチュレ」がありますが、どちらを選ぼうか悩んでいる方は少なくないはずです。

違いはあるのか?それぞれのメリット・デメリットは何なのか?これらを知ることで、自分に合った妊活サプリがどちらなのか見えてくるでしょう。

ベジママの特徴&メリット・デメリット

ベジママは日本で最初にピニトールを配合した妊活サプリです。

妊活に必要な成分「ルイボス」「葉酸」「ビタミンE」などがバランスよく配合されています。

【メリット】
・無期限返金保証が付いていて安心
・定期便に最低利用期間がないので、いつでも辞められる
・1日あたり約99円と安い

【デメリット】
・ヨモギのようなにおいが苦手な人も多い
・マカが入っていない(製造者がマカは不要だと考えているため含まれていない)
・ママナチュレに比べると成分の種類が少ない
・ママナチュレよりもピニトールの量が少ない

ママナチュレの特徴&メリット・デメリット

無添加が一切含まれていないママナチュレ。

吸収率の高い天然酵母ベースの葉酸が配合されています。

【メリット】
・栄養成分が豊富
・鉄分も含まれているので“栄養機能食品”としても認められている
・無添加で安心
・ほぼ無臭で飲みやすい

【デメリット】
・返金保証はあるけど期間が短い(15日間)
・1日あたり約143円とベジママよりも高い
・定期便は最低6回利用しないと止められない
・途中解約は割引適用不可で手数料が掛かる

結局、どっちがおすすめ?

サプリの価格も重要ですが、妊活中は安さよりも成分の種類や内容に重点をおいて選びがちですよね。

そう考えるとママナチュレが有利のように思えます。

しかしマカやイソフラボン、ルイボスといったホルモンバランスに関わる成分が多く配合されているのは逆に引っかかります。

実はこれらの成分は多く摂れば摂るほど良い、という単純なものではなく、適量が好ましいのです。

ママナチュレは豊富なため、かえってホルモンバランスを乱す原因になるかもしれません

そう考えると、まずは返金保証がついているベジママを試したほうが無難かな…という気がします(*^^)

ベジママ 返金

ベジママの返金保証について詳しく調べてみました!

ベジママ 返金

どんなに評判が良いサプリでも、飲みづらかったり効果が感じられなかったりして、自分には合わない時ってありますよね。

そんな時、返金保証があったらな…なんて思ったことはありませんか?

ベジママは全額返金保証つき!だからこそ、初めての方も安心して試すことができる妊活サプリなのです。

ベジママは返金保証がついている!だからこそ安心!!

返金保証がついていれば、リスクなしで試すことができます。

しかし気をつけてほしいのは“送料”と“期間”です。

そもそも返金保証がついていても、返送する際の送料はお客様負担で…としているところは意外と多いですよね。

さらに返金額の振込手数料もお客様負担となっていれば、返ってくる金額は僅かです。これって本当に返金保証と言えるの?と思ってしまいます(-.-)

しかしベジママは送料も振込手数料も一切掛からない、100%満足できる返金保証を行っています。

さらに期間も無期限!!

他社の妊活サプリは返金保証があったとしても10日間や15日間など短い期限付きのことがほとんどなので、無期限で試せるベジママがどんなに良心的なサプリなのかが分かりますね♪

返金保証が受けられる条件は?

・公式サイトから新規で定期購入された方

この条件さえクリアしていれば返金に応じてくれます(^.^)

他社の商品の中には返金保証があっても、いろいろな条件があって結局は返金されなかった…なんてケースも少なくありませんよね。

しかしそんな中、ベジママはしっかりと対応してくれるので、ノーリスクで試すことができます。

こんなに手厚い返金保証があるのは、妊活サプリの中でもベジママだけかもしれません(*^_^*)

本当に自分に合っているのか試せるサプリ!

ベジママの口コミを見ると「ニオイが嫌」「飲みづらい」という内容がある半面、「飲みやすい」「ニオイは特に気にならない」といった内容もあります。

試したことがない人にとっては、どっちが正しいの?と思ってしまうことでしょう。

ノーリスクの返金保証のおかげで気軽に試せますね(*^^)

ベジママ 排卵

ベジママでなぜ排卵がうまくいくようになるのか?

ベジママ 排卵

「妊娠したいけど排卵がうまくいかない…」

「排卵がうまくいくように生活習慣を改善したけど、なかなか結果が出ない…」

こんな悩みを抱えている女性は少なくないはずです。

早く赤ちゃんが欲しいのに、と気持ちばかり焦ってしまい、かえってストレスに感じてしまうこともあるでしょう。

そんな方は妊活サプリでお馴染みのベジママを試してみてはいかがですか?

他の妊活サプリには配合されていない“ピニトール”が、長年の悩みである排卵障害を改善するきっかけになるかもしれません(*^^)

他人事じゃない!?女性不妊の約3割が排卵障害に陥っていた!

排卵障害が原因で不妊に陥っている方は多く、その割合は10人中3人と言われています。

ハッキリとした原因は解明されていないものの、主にストレスによるホルモンバランスの乱れが影響していると考えられていますが、ダイエットや不規則な生活、睡眠不足などさまざまな原因が挙げられています。

これらを1つ1つ解決していくのは容易なことではないですし、何よりもいつ排卵障害が改善するのか分かりません。

そこで排卵障害を効率的に改善する策として、ベジママの服用をおすすめします♪

排卵障害に効く、ベジママの成分

ベジママがなぜ排卵障害にいいのかというと、主成分となっているピニトールのおかげです。

ピニトールはマメ科の植物に存在する天然の物質で、アメリカなどでは不妊原因でもある“多嚢胞性卵巣症候群”の改善に活用されている成分です。

多嚢胞性卵巣症候群の症状には排卵が起こりにくい事による無月経や月経不順、無排卵月経、そして排卵障害による不妊などがあります。

これらを一気に解決するためにもピニトールは必要な成分であり、このピニトールを配合している妊活サプリは今のところ“ベジママ”だけなのです。

排卵障害の原因も治療法もさまざまで、解明されていないことも多々あります。

何から始めればいいのか、そして誰にでも確実に効果がある万能な治療法がない以上、ベジママの力に頼ってみるのも1つの有効策ではないでしょうか?

ベジママ 販売店

ベジママの販売店※どこで売られているか調べていました

ベジママ 販売店

ベジママを飲み始めるなら、どこで販売しているのかは必ずチェックしておいたほうが良いでしょう。

公式サイトでしか購入はできないのか?もしかするとドラックストアでも手に入る、手軽なサプリなのか?

長く飲み続けなければいけないからこそ、知っておきたいですね(*^^)

ドラックストアでも販売しているの?

ドラックストアでは多くのサプリを取り扱っていますが、ベジママも販売されているのか気になりますよね。

もし販売していれば、買い物ついでに購入できるので手軽に感じられます。

しかし、大手のドラックストアでもベジママは販売しておらず、何でも揃っていそうなドンキホーテにもありませんでした。

ちなみにコンビニでもベジママは販売されていないので、購入するにはやはりインターネットを利用するしかないようです(*_*;

1番安く購入できるのは?

インターネットといえば、“楽天”と“アマゾン”の2社が大手ですが、そこなら取り扱い数も多いし、もしかするとベジママも置いてあるかも!と思い、早速調べてみることにしました。

調べた結果、楽天では販売されていませんでしたが(…残念)、アマゾンには在庫が残っていました!(^^)!

ドラックストアやコンビニ、楽天にも置いていなかったベジママがあったのは高ポイントです♪

ただ、アマゾンで購入するのも良いのですが、私が気になったのは値段の高さです。

アマゾンは1個あたり3,616円+送料340円なので約4,000円になりますが、公式サイトの定期便なら2,750円!

しかも送料無料なので、断然お得です。私だったら公式サイトで定期便を選びますね~(*^^)

やっぱり公式サイトが1番の理由

値段の安さも魅力の1つですが、公式サイトで購入する1番の魅力は“確実に本物を購入できること”です。

ベジママは人気の妊活サプリなだけに、ニセモノが流通している可能性も否定できません。

だからこそ、確実に本物を購入するためにも公式サイトの利用をおすすめします。

他にも全額返金保証や全国スピード配送などのメリットもありますし、定期便なら買い忘れ防止にも繋がり便利です♪

ベジママ 妊娠初期

ベジママは妊娠初期でも飲んでいました。大丈夫みたいですよ

ベジママ 妊娠初期

ベジママは妊活サプリのイメージが強いからなのか、妊娠したら“葉酸ベルタ”や“はぐくみ葉酸”“ママニック葉酸サプリ”などに変えたほうが良い!という口コミをよく見かけます。

「もしかして妊娠中に飲むと、胎児に影響があるのか?」と心配になっちゃいますよね。

でも、安心してください。

私は妊娠初期まで飲み続けましたが、赤ちゃんに悪影響がでるどころかスクスクと育ってくれました。

これは単に私の運が良かっただけなのか!?妊娠初期ベジママは飲んで良いのか、悪いのか調べてみました!(^^)!

ベジママは妊娠初期でも安心して飲める!

結論から言うと、妊娠初期に限らず妊娠中・産後も飲み続けられる安全性の高いサプリです。

つまり私の運が良かったのではなく、ベジママ自体が安全だったということになります(*^^)

母体や胎児に影響が出ることはないので妊娠が分かった時点で中断することも、他サプリに変える必要もありません。

生理不順の人にも安心♪

生理不順の人は妊娠に気付くのが遅れてしまう傾向がありますよね。

つわりが来るまで一切気付かないケースだって少なくないはずです。

もしベジママが妊娠中に飲めないサプリだったら、安心して妊活もできません。

そんな心配もリスクもないからこそ、生理不順で妊娠しづらい人もベジママの力を借りることができるのです<(`^´)>

なぜ、妊娠中にベジママをおすすめしない口コミが多いのか?

その答えは、ベジママに含まれている成分に問題があるというよりも、他サプリに含まれている成分が妊娠中の体に合っているからです。

特に妊娠中期からは“鉄”と“カルシウム”が豊富に必要になりますが、ベジママにはコストを抑えるために配合されていないのです。

ただ個人的には妊活中~妊娠初期に必要な葉酸は400μg配合されていますし、鉄とカルシウムも食事から摂取できるので大きなマイナスポイントには感じません。

食事の栄養バランスが気になる、手軽に鉄とカルシウムを摂取したい方には他サプリをおすすめしますが、ベジママでも十分満足できるでしょう。

ベジママ 添加物

ベジママには危険な添加物は含まれていない?

ベジママ 添加物

妊活のために飲む以上、添加物があるサプリは避けたいと思うのがホンネですよね。

しかしそれは単に「添加物=危険、体に害をもたらす」というイメージが強いからではないでしょうか?

添加物の種類によっては体に影響のないものもあります。では、ベジママには添加物は含まれているのか?

含まれているとしたら、それは危険なものなのか?安心して飲めるものなのか、実際に調べてみました<(`^´)>

ベジママに含まれている添加物は2種類!その安全性は?

調べたところ、ベジママには添加物がしっかり含まれていることが分かりました。

その添加物とは「結晶セルロース」と「ステアリン酸Ca」の2種類です。

「えー!じゃあ、ベジママを飲んだら副作用とか起きるのでは…!?」と心配された方、安心してください。

結晶セルロースもステアリン酸Caも、葉酸サプリでは度々使用される添加物なので配合されていること自体、特に珍しいわけではありません。

2つともサプリの形状にするために使われるものであり、使用量を守れば体に害を及ぼす危険性もないので安心してください。

ベジママには体に影響はないと言っても添加物が入っていることにショックを受けた人もいるかもしれません。

ただ、他社のサプリに比べるとかなり種類は少ないほうなのであまり気にしないほうが良いでしょう。

結晶セルロースとは?

サプリを固めるために使用される添加物で、他社の葉酸サプリにもよく配合されています。

毒性を示唆する証拠はありませんが、逆に100%安全とは言い切れないので使用量を守るのは必須となります。

ベジママにも使用されていますが、もちろん1日4粒の摂取目安さえ守れば副作用の心配はまずないでしょう。

ステアリン酸Caとは?

こちらも結晶セルロース同様、他社の葉酸サプリではよく使用される医療品添加物です。

水と油のように混ざりにくいものを混ぜ合わせる時に使用されます。

安全性は確かに高いですが、100%安全というわけではないので、こちらも使用量はしっかり守るようにしましょう。

ベジママ 体外受精

ベジママは体外受精での不妊治療でも効果はあるの?

ベジママ 体外受精

一言で不妊治療と言ってもさまざまな方法がありますよね。

基本的な流れとしては、基礎体温表の記録から始まりタイミング療法、人工授精、そして体外受精へと段階を踏みます。

お金も掛かるし、年齢のことも考えるとなるべく早い段階で妊娠したいと思うのは当然ですが、そう上手くいかないのが現実だったりもします…。

そこで、少しでも可能性を上げるためにも妊活サプリの「ベジママ」を試してみてはいかがですか?

ベジママには不妊治療中に摂取してほしい成分がたくさん配合されているのです!

体外受精中でもベジママは併用可能!

妊活のオールインワンサプリとしても有名な「ベジママ」。

服用している方も多いと思いますが、体外受精中に飲んでも良いのか心配になっている方もいるのでは?

結論から言うと、体外受精に関わらず不妊治療中は積極的に摂取したほうが得です(*^^)v

実際、私も体外受精の経験がありますが、ベジママは中断することなく継続していました。

それに副作用の心配もないので、不妊治療中でも安全に飲むことができます。

実は、あまり知られていないかもしれませんが、ベジママは卵子だけでなく精子の質を上げる効果も期待されているサプリなので女性だけでなく是非、男性にも飲ませてあげてください。

一緒に同じサプリを摂取すれば、男性の妊活に対する意欲もより一層湧いてくるでしょう。

なぜ、効果があるのか?

ベジママには活性酸素から卵子や精子を守ったり、卵子・精子の質を上げる「ビタミンC」「ビタミンE」「ルイボス」といった抗酸化物質が豊富に含まれています!

卵子・精子の質が悪ければ体外受精で、受精・分裂がうまくいかない原因にもなり、妊娠率を低下させてしまうことも…!

つまり、不妊治療中は卵子・精子の質アップは大きな課題であり、ベジママにはそれを解決するのに打ってつけな成分が豊富に含まれている、ということです。

さらに排卵障害の改善にも効果があり、妊娠しやすい体へと導いてくれます。

ベジママ 返金

ベジママで実は生理不順もマシになりました

ベジママ 返金

突然ですが、毎月生理はきていますか?

お恥ずかしい話、私自身かなりの重度の生理不順で毎月はおろか、ひどい時は半年に1回も来ない時があったほどです。

子供が欲しいと思うまでは生理痛がない分、ラッキー♪とさえ思っていましたが、今思うと能天気な自分にガッカリしてしまいます… (*_*;

妊活の第一歩でもある生理不順を改善するのは容易なことではありません。

ベジママの力を借りれば、効率よく改善することができるかも…!!

生理不順は不妊の原因にも!

正常な月経周期は25日~38日だと言われていますが、多少遅れたとしてもあまり気にしない方も少なくないかもしれません。

確かに「生理不順=不妊症」ではありませんが、排卵の予測が立てられないので赤ちゃんを作るタイミングを計るのが難しくなります。

また、定期的に生理が訪れる方は毎月チャンスが1回あるのに対し、生理不順の方は数カ月に1回と赤ちゃんを作るチャンスも減ってしまいます。

生理不順は卵巣機能の低下、さらには女性ホルモンの分泌が減少する原因にもなるので妊活するうえで厄介な存在になるのは確かです。

妊娠しやすい体づくりをするためにも生理不順を治し、毎月生理がくるようにしましょう!

ベジママは生理不順にどのような効果をもたらすの?

現在、日本人女性の約4割が生理不順だと言われています。

「過度のストレス」「急激なダイエット」「激しい運動」などが原因と考えられていますが、根本的な原因を解明し改善するのはそうそう簡単なことではありませんよね。

そこでおすすめなのが“ベジママ”です。

ベジママといえば多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)を改善するピニトール配合が有名ですが、優秀な成分はそれだけではありません。

実はホルモンバランスを整える効果を持つ「ビタミンE」を豊富に含んでいるので、生理不順を改善するのにも大きく役立つのです!

実際、私も長年の生理不順が改善され、毎月とはいかなくてもベジママを飲み始める以前と比べたら大分マシになりました(*^^)

ビタミンEを効率よく摂取できるベジママは、試して損は無いでしょう♪